占いと診断で導く復縁成功への道

自分の気持ちに素直になる

イメージ

「喧嘩するほど仲が良い」

以前はこんなことを言われていました。


しかし最近ではこの言葉よりも、

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」


こちらの言葉のほうが当てはまる恋愛事情が多く見られる気がします。
憎いと思っているはずなのに相手のことを思い、出来ることなら復縁したい。


こう考える人も中にはいるのではないでしょうか?


人の心理と言うのは表裏一体


表があれば、裏があるものなのです。
好きがあれば、嫌いもあります。


そして好きと言う感情がある人には、嫌いと言う感情が芽生えることがありますし、その逆で嫌いと言う感情の人の中から好きと言う感情が芽生えることもあるのです。
別れた人のことを完全に忘れ去ることは至難の業。


誰もが一度は好きになった人のことを、頭の片隅に残しているのです。
そして別れたことを思い出して、
「あの時こうすれば良かった…」
頭の中で考えたりするわけです。
もちろん、あなたも同じでは無いでしょうか?


別れてから学ぶこと


別れた人達は別れたことによって、もう一度冷静に付き合い方を反省します。
その反省から付き合い方を学んでいくわけです。
付き合って別れた。


しかし、この別れはある意味で、お互いの頭を冷やす冷却期間とも考えられます。ですので、お互い無理だと思ったときは、簡単に別れる前にお互いの頭を冷やす冷却期間を設けてみることが良いのではないでしょうか。


その冷却期間で冷静に自分のことや相手のことなどを考えることが出来るからです。人は普段から自分の感情を先行させるものです。
そして自分の感情を素直に出せるのは、心を許した相手だから。


あなたが心を許した相手を、あなたは簡単に切ることが出来ますか?
そこまで非情になってしまっていいのですか?
あなたが心の底から好きになった相手です。


相手を簡単に裏切ることの出来る人とは


そんな相手を簡単に切ることが出来る人は、その相手のことを恋愛対象として見ているのではなかったのでしょう。


ただのアクセサリー感覚で人に見せたい、自慢したいと思う人ほど別れを直ぐに切り出して、次の相手へと進んでいけるのですからね。
人の情というものは深いものです。
そしてその情の中に、愛情もあるのです。
人の愛情は簡単に無くすことは出来ません。


自分の気持ちに素直になる


冷却期間を置いていると、その人のことを本当に愛していたのかを思い出せるはずです。
そして思い出したのなら、そのことを相手に素直になって伝えればいいのです。
その結果の中に、復縁して再構築することも大いにありえるのです。
諦めるのは簡単に出来ます。
あなたは復縁、したいですか?


電話占いウィル