占いと診断で導く復縁成功への道

不倫を長続きさせる方法

イメージ

あなたか彼に配偶者がいる、または両方に配偶者がいるというお二人の恋愛。
このような恋愛は、不倫と呼ばれ、世間からは認めてもらえません。


でも、どのような形の恋愛であっても、相手のことを心から愛しているのなら、その関係を手放すことはとても辛く、苦しいことですよね。
できれば、このままいつまでも関係を壊さず、愛情を深めていきたいと望むのは、恋する女性なら当然のことです。


今回は、そんなあなたの望みを叶えるためのヒントをお伝えします。


関係を壊してしまう、あなたの敵


不倫恋愛を長続きさせるためには、二人の関係を秘密にし、周囲にバレないよう気を配ることは、当然のこと。でも、それ以上に、この関係をダメにしてしまう最大の敵は、なんだと思いますか?


不倫恋愛をしていると、「不倫は悪だ!」「いつか罰が当たる」「不幸になる」と忠告されることもあるでしょう。さらには「都合のいい女」なんて言われることも。


あなた自身も「不倫は悪いこと」と罪悪感を持ってしまい、「いつか、辛い別れが待っている」と不安になる。そして「私は都合のいい女なのかも」と彼の気持ちを疑ったり、頭の中は大忙しなのではありませんか?


これらの言葉を鵜呑みにして、重苦しい空気で彼と接するあなたこそが、二人の関係を壊してしまう、あなたの敵なのです。


あなたが一人で苦しんでいるうちはまだ良いけれど、やがて「彼は私よりも、奥さんが大事なのかも?」「彼は私の他にも女性がいるのでは?」と、まだ起きてもいない彼の裏切りを想像しては、彼を詮索する。


『だって私は、不倫と言う罪を犯しているのだもの…』


こんな風に考えるようになったら、あなたはもう、自分と愛する彼との関係を、自分で壊しはじめていると考えてください。


では、罪悪感に負けず、二人の関係を守っていくには、どうしたらよいのでしょうか?


なんでも「不倫だから」と言い訳するのをやめる


あなたは、彼との関係が思い通りにいかなくなった時、いつも「不倫だから」と理由付けをしては、落ち込んでいませんか?


彼から連絡がないのは「不倫だから」。

なかなか会えないのは「不倫だから」。

彼の浮気を心配してしまうのは「不倫だから」。


あなたが抱えている彼への不満や不安は、本当にすべて「不倫だから」なのでしょうか?


二人とも独身のカップルであっても、連絡やデートの頻度に対する不満を抱え、彼の浮気を疑っている女性は、大勢いるようには思いませんか?


世間は不倫と呼んでいる関係であっても、恋愛は恋愛。
女性が抱える悩みに、違いはありません。


「不倫だから」なんて、あなたまでが、彼との関係を特別な物のように考えていたら、彼まで疲れてしまいます。


不安や疑い、悩みができた時には、通常の恋愛と同じように対処すれば良いのです。


連絡やデートの頻度が少ない理由を理解してあげること。
「彼が浮気するかも」という不安があるなら、まず浮気されない魅力的な女性になること。


それでも寂しいと感じたなら、素直に「寂しい」と伝えること。
彼が既婚者なら、奥様に嫉妬してしまうこともあるかも…そんな時も、遠回しに「私たち不倫関係だから…」なんて受け入れているフリをしながら責めるよりも、素直に「嫉妬しちゃうわ」って伝えた方が、可愛げがあります。


たとえ世間が眉をひそめる関係であったとしても、あなたと彼が心から愛し合っているのなら、それで良いのです。