占いと診断で導く復縁成功への道

不倫をして得たもの

イメージ

独身女性が付き合う相手が独身男性とは限らない昨今。職場の上司や先輩など一緒に過ごす時間が長い既婚男性と不倫に陥る女性も多く、一見不毛な恋愛に貴重な若い時期を惜しみなくつぎ込んでしまい親身になってくれる周囲を心配させることも。


彼女たちにとっての不倫


普通の恋愛となんの違いもないもので、好きになり付き合っている相手に奥さんや子供がいるだけ、気持ちは止められないし、彼が自分を選ぶ日がやってくるはずだと信じ、彼との関係を断つことを考えられないまま年月が過ぎ、数年から十数年を通り過ぎてしまうことも稀ではありません。


傍から見ると時間を無駄にしているようにしか見えない独身女性と既婚男性の不倫。特に社内不倫は、始めるのは簡単だけれど終えるときには難しく、また周囲に知られる可能性も高く社会的に大きなリスクを伴うので、不倫の事実を知っている親しい友人などから「早くやめなよ」などと真摯な忠告を受けることも多いはずです。


不倫によって得るもの


ではリスクを十分承知の上で、なお不倫がやめられない独身女性にとって、夫婦関係と違っていずれは終わりのくる不倫によって残されるもの、得るもの学ぶものとは何でしょうか。


長年不倫を楽しんだ末に結局は家庭に戻ってゆく・戻る家庭が残っている既婚男性と違って、独身女性は年数を重ねた分だけ、年齢的に独身男性が残っていない・子どもを産むにはリスクの高い年齢になっていたなど、得るものがあまりにも少ないように感じます。


それでも自分が経験してきた恋愛を「不倫だったから消してしまいたい」と否定する気持ちを仕事に対するエネルギーに変換し、音楽や文学など、ある意味不倫が許される分野での活躍の道を探る方向にシフトするなど前向きに使うことが出来るかどうかが、その後の人生を大きく左右します。


生活の全てを不倫に捧げるような形ではなく、彼に会えない時間は一つのジャンルを深く追求する自立を目指してきた女性であればこそ、他人の自由を尊重し理解することが容易なのではないでしょうか。


また、堂々と「この人と付き合っています」と宣言できる幸せ、後ろめたさを感じることのない生活の素晴らしさを誰よりも知っている彼女たちは、普通の恋愛や結婚をすると、トラブルが起こってもまず相手と向き合い話し合って解決し、歩み寄る技術を磨く訓練を若いうちに経験している分、簡単に関係破たんや離婚に至らない知恵を持っているともいえるでしょう。