占いと診断で導く復縁成功への道

3年不倫している彼とのこれから

イメージ

はじめに


瀬戸内寂聴さんの「孤独を生ききる」という本の中に「10年以上不倫関係で付き合ってきた彼が亡くなって…」という話がいくつか出てきます。
見方によっては失礼ながら、とても不毛な人生を歩んでいる女性…とも思えますが、そこに出てくる女性はある種の透明さや強さを感じました。
「彼を愛し抜いた自分自身の人生を後悔しない」という感じでした。
彼の愛がその女性を強くしていったのか、強い女性だからこそ、そういう愛を貫けるのか…。


不倫をしていて先が見えない…


不倫をしている中で先が見えないと悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。
特に3年以上長く不倫をして、彼から将来について何も話がない場合は不安になりますよね。
大切な人と結婚するのは女性なら誰でも憧れることですしね。
占いをしたら「彼と結婚できますから信じてください」から「先はありません。諦めた方が良いですよ」まで、色々なアドバイスをしてもらえます。中には「結果は考えずに、彼を愛し抜きなさい」というアドバイスも。


こういったアドバイスをされた時


結果的に彼とは結ばれないことが多い気がしますが、他に奥さんがいるとはいえ彼のことを心底愛することで、「愛」というものについて深く理解する、彼はその方に「愛」というものを理解させるために出会った人だった…という場合がありますし、「結婚という形に縛られず、生涯のパートナーとして過ごす」という学びのためにあえて不倫の形で出会うカップルもいるようです。


一概に不倫を否定するということもできない場合もあります。


長年付き合っているということは、やっぱりお互いの存在を必要としていると思います。
それは人間的な視点ではなくて、前世の絡みや生まれる前に約束していたとか、子どもがシングルマザーのお母さんのところに生まれてくることに意味があるとか、目に見えない世界でのメリット、ということもありますけどね。


不倫するべきじゃない人と不倫をした場合


守護霊さんなどの協力の下、すぐに結婚している相手にバレて別れる方向に持っていかされるものです(^-^;
そうでない場合は「守護霊さんとかが不倫を奨励ないし認めている」ということになりますから、そこに何らかの意味がある…という解釈になるんじゃないかと思うんです。


終わりに


長年の不倫関係に疲れている方なら「孤独を生ききる」という本を一度読んでみても良いかと思います。


愛の形がいろいろある…と思えるだけでも、今の自分自身を肯定できるように思います。