占いと診断で導く復縁成功への道

自分から別れを告げた

イメージ

彼とのお付き合い


どんなに好きと言ってもイライラする。喧嘩ばかり。相手に振り回されてばかり。
そうした心が募り募って爆発した時に「別れましょう」と告げてしまう・・・。


恋愛はどんな恋愛も「熱病」から始まる事が多いです。その「熱病」はどうしても「病気」なので。必ず「治る時期」があります。「治る時期」=「本質が出てくる」と言う事。


でも、どうしても恋愛で感じやすいのは「相手を美化してしまっている事」。また「恋愛を美化している」事も多いでしょう。最初はみんな猫かぶり。そして多少の無理は出来ます。
そんなお互いを「思いやる気持」勿論それがなくなると言う事ではありませんが、どうしても長く向き合って行く内に、付き合って行く内に「お互い」に「本質」が出てきて良い事ばかりのお互いだけではなくなると言う事☆
とても大切な事です。


そして何より熱病が治る時期は勿論個々の「タイミング」だと言う事・・・。
つまり相手が先に治ってしまう事があると「自分がもう愛されていないのか」と。
自分が先に治ってしまうと「相手の執着を感じすぎて自分が煮詰まってしまう」と。
人の心は本当に我侭ですよね(笑)


でもそんな状態に陥ってしまったり、相手の本質を見始めた時に「他の人」に「目移りしたり」・・。そうして別れを告げて、無事別れたけれども、結局自分はやっぱり別れた相手を好きだと確信した・・。


後悔先に立たず


出来るだけそうなってほしくはありませんがこんな感じで別れてしまったり、どうしても相手とのバランスが掴めずにイライラ。喧嘩。相手が「信用出来ない」・・・。
別れてしまった事はもう取り返せません(;_;)


ならば次に相手に復縁を求めるのであればその時よりも自分は「成長していなくては」いけません。でも「自分ばかりが悪い」のでは勿論ありません。「相手もまた同じ」


ちょっとしたきっかけでもどんな修羅場でも「別れる必要」が色々な意味でお互いにあった事。大事な事はその「別れの意味」を自分自身がきちんと見直さなくてはいけない事です。


どうしてその時に「別れ」を「選んでしまった」のか。


よほど行き詰まって自分が相手に切れてしまったのか。
他の人に目移りしてしまいどうしても相手と別れたかったのか。
色々な理由があると思いますがそんな全てを踏まえて、感じて
「今の自分はどう思っているのか」
その心の向きがとても大切です。
自分をきちんと感じられ振り返られ、そして前向きに自分自身を大切に感じられる状態がまた相手とのチャンスを掴む事になるでしょう。次に向き合える様になった時は以前よりも深い絆で向き合えると思います。



電話占いピュアリ