占いと診断で導く復縁成功への道

復縁成功と失敗の違いとは?

イメージ

復縁に関する占いをしていると、復縁で失敗しているケースの多くは「自分の気持ちを優先して考える、あるいは自分の都合しか考えていなくて、復縁したい相手が今どんな気持ちでいるかを汲んでいない、汲もうとしていない」という共通点があるように思います。
この考え方はストーカーにも共通しているように思うんですよね…。
ストーカーの多くは、「自分が好きだから、相手も自分のことを好きなはず」と思い込んでいる節がありますが、実際のところ、相手の方の大部分は…お察しの通り「大嫌い」を通り越して「顔も見たくない」と思っていることも多々ありますよね。


実際に占いをしていても、復縁に失敗する方のそもそもの「復縁したい動機」は「相手への愛情が残っている」というよりは「自分のため」であることが多いです。
自分の見栄のためだったり、お金のためだったり、仕事関連で…ということもありますし、「寂しいから」という理由の場合もありますが、大部分が「自分のため」なんですよね。
その動機を、「元恋人への愛情」にすり替えていることが多かったです。
その方自身も気づいていないすり替えだけに厄介なものです。
どんなにきれいな言葉でやり直したいと元恋人に話をしても、そもそもの動機が「自分のため」なので、元恋人に対する気遣いが全く見られないということもよくありまして、言葉の端々に自己中心的な考えが透けて見えたり、元恋人の気持ちを無視して復縁を要請して、却って嫌がられて、中には警察にストーカーとして扱われてしまった…という方もいらっしゃいました。
もちろん、占いでもそこをしっかり指摘させていただいて、お客様の元恋人が復縁を望まれることで迷惑しているので、今は見守ること、見守るのも愛情のひとつであることを一生懸命お伝えして…時間はかかったけれども彼とよりを戻すことに成功した、ということもありますよ。


もちろん、復縁に成功した人の中にも占いをしたら「復縁したいのは、結局は自分自身のためだ」という動機の方はたくさんいらっしゃいましたし、実際にそうやって口にする方もいました。
ですが、復縁に成功する方は失敗する方に比べて「相手のことを愛しているんだな~」と思える言動があり、「相手の幸せを願う」という姿勢が言葉の端々や態度の中に感じられることが多かったです。
元彼・彼女もそういう「自分の幸せを願ってくれる相手」だからこそ、別れてももう一度やり直したいと思えたんじゃないかな?と思ったりすることもありました。


復縁を成功させる方と失敗してしまう方の違いは、やはり相手への愛情や思いやりの有無にあるように思います。
口に出さなくても、態度や言動に見られる愛情も決め手になるようですが、個人的には「相手を見守るのも愛情だ」ということを理解できる方なら、元恋人とやり直すこともスムーズに行く確率が高いように思います。
口では何を言っても自分のために復縁を考えている方は、相手を見守るのが愛情、と頭で理解していても、心ではわかっていないことが多い気がします。
よくよく考えてみたら、「相手を見守る愛情」って、相手に気づいてもらえないことが多いし地味な役回りなので、やり直したい相手からのポイントを稼げない、つまり「自分がやっていることに対する相手からの対価が見合わない」ことが多いですものね…。
そう考える時点で、復縁よりもまずやることがあるように思うのは気のせいでしょうか。


「復縁する」というのは、自分だけではできないことです。
だからこそ、やり直したい相手とその気持ちを尊重することが大切だと思います。
相手を本当の意味で大切に考えることで、復縁する道が見えてくるように思いますよ?


電話占いウィル