占いと診断で導く復縁成功への道

復縁をせまったが振られてしまった

イメージ

占いを通してお客様をみていると「復縁できるタイミング」みたいなものがあるように思います。
そのタイミングは別れてから少し経ってから来ることが多い気がします。
「復縁ができる」と聞くと、「別れてからすぐの方がすんなり事が進みそう」という感覚があるのが一般的なように思いますが、占いをしていると、むしろ「別れた直後より、少し時間をおいてから復縁を申し出た方がよりが戻りやすい」という気がします。
その時の態度も「何が何でも復縁して!」というものより「あなたがもし私に心を残しているならやり直してほしい。でも、強制はしないしできない」という態度の方が、より相手に受け入れられることが多いです。


さて、「復縁をせまったが、却って振られてしまった」ということも聞かない話ではありません。
そういう話で占いのご相談にくる方は、大抵別れた直後、あるいは何度もお願いしているけど彼が良い顔をしないので、ついしつこくして…ということが多いです。


元彼、あるいは元彼女に何度も復縁をお願いしても相手が良い顔をせず、ついしつこくして振られてしまった…という場合は、別れの原因になってしまったことを、ご本人が気づいていない、あるいは軽視して考えていることが多いように思います。
お客様自身はそこを見ない(というか無意識に避けて)で、「元彼・彼女が自分をまた受け入れてくれたら問題は解決する」と思っていることが多いですし、だからこそ余計に復縁を強く求めてしまうわけですが…このような話は皆様も色々とお目にしたことがあって、答えはおわかりかと思いますが、「彼・あるいは彼女とやり直しても、お客様の心の中にある問題は解決しない」ということが多いです。
むしろ、問題をより複雑にしてしまったり、お客様が大好きなはずの彼・彼女をより傷つけるだけの結果になる場合もあります。
復縁することだけをかんがえるなら、お客様ご自身の中にある「別れを呼び寄せてしまう性格・気質」をご自分で見つめて、変えられるものであれば変えていくのが、一見遠回りに見えて、逆に一番復縁をするための近道になる方法だったりします。


そして、「別れた直後に復縁をせまる」…これが功を奏する場合もありますが、大抵はあまり良くない方法のひとつかと思います。
別れた直後は、相手に対してマイナスの感情に傾いていることが多いんですね…プラスの感情が残っているなら、そもそも別れを選ばないことが多いかと思います。
また、相手に好きな人ができて別れた場合なら、「別れた前の彼・彼女よりも好きな人、新しい恋人への気持ち」で心がいっぱいになっているのは当然のことかと思います。
つまり、お客様の落ち度ではないとはいえ、お客様への感情が前よりマイナスに傾いているわけなんですよね。
そこをフライングして復縁をお願いしても…「何言ってるんだ?」「新しい恋人を選ぶに決まっているだろう」と思われても仕方がないと思いませんか?


それよりも少し時間を置いていただくと、新しい恋人への気持ちも落ち着きます。
お客様の時と同じな方もいるかもしれませんが、場合に寄っては最初見えなかった「新しい恋人との違和感」が見えてきたり、前の生活がふと思い出される時でもあります。
さらにお客様に対するマイナスの感情が少し薄らいで来たころに復縁を申し込んだ方が、あっさり了承される確率が高くなるように思います。
もちろん、お客様も別れたことをただ泣いているだけではなくて、自分の何が悪かったのか、復縁するとしたら、お客様自身が求められてくるものは何かを考えて、ご自分に足りないところを補ったり改善していく…といった努力は必要になると思います。
大変だと思いますが、占いで「元彼・彼女とその努力に見合うだけの未来が待っているか?」というのを鑑定することはできますので、必要であればどうぞご活用いただければ…と思います。


電話占いピュアリ