占いと診断で導く復縁成功への道

いざ彼を目の前にしたら何もできない

イメージ

「別れた彼と復縁したいとずっと思っていたのに、いざ彼と再会したら、何もできなかった」という方は多いかと思います。
特に「目の前にした彼のそばには、別の女性がいた」なんてなったら…その方の前で醜態をさらしたくない、という気持ちが働いて何もできないのは、同じ女性として誰もが「わかるわ…」となることでしょう。


「目の前にした彼のそばには別の女性が寄り添っていた」のような理由がある場合でも、明確な理由がなかったとしても、「いざ彼を目の前にして復縁などをお願いできなかった…」という場合、ただ単にお客様がその状況で緊張しすぎて何もできなかった…ということもありますが、占いで見てみたら「今は復縁を申し出るタイミングではなかったので、身体が反応して何もできなくさせた」という場合もありますし、中には「復縁を願っている目の前にして、何もできないお客様を見た彼が、『自分はお客様のことをとても傷つけていたのではないか…』と反省させるために、元彼の守護霊側がお客様を何もできないように仕組んだ」ということもあります。
実際に、お客様が彼を目の前にしても何もできなかったことで「自分がお客様をとても傷つけていたのではないか…」と痛感した元彼が、途中で色々あったもののお客様と復縁した、という話は聞いたことがあります。
この場合だと、いざ彼を目の前にして「復縁を申し出る」よりも「何もできない」方、結果的にはお客様にとっては良かった…ということになりますね。
中には、こういう理由で「彼を目の前にしても何もできない」方もいらっしゃいます。


いざ彼を目の前にした時に、そばに女性がいらっしゃったら、何もできない気持ちはとてもよくわかります。
そこで復縁を申し出ても、元彼が現彼女に気を使って断るのは目に見えているでしょうし、そこで取り乱してしまったら、今の彼女に女性としても負ける、彼や現彼女の前で取り乱して恥ずかしい思いはしたくない…という気持ちが働いて、せめてもの理性として「何もできない」という選択肢を選んでしまうように思います。
それは、女性としての美意識によるものであって、決して「情けないこと」や「恥ずかしいこと」ではないと思います。
そのことで占いをしてみると、むしろ、彼を目の前にして何もできないという、一見弱気な行動は「今いる彼女に配慮する美意識」から来ているものであって、彼の中に残っているお客様への愛情をもう一度呼び起こす呼び水になる場合もあります。
その時はわからなくても、後になって効果を上げてくることがありますよ。


そして、純粋に「復縁を申し出ようとして、彼を目の前にして緊張しすぎてしまって何もできなかった」という場合ですが、これもその時のお客様の状況によって変わりますが…占いでよく出る答えが、同じシチュエーションを何度か経験すると慣れることが多いと思います。
なので、時間がかかっても同じようなシチュエーションを経験すること、あるいは「手紙を渡す」のような、頭が真っ白になっても何とかできるような簡単にできる行動で彼に気持ちを伝える、ということが良いみたいですね。
「復縁を申し出ようとしても、元彼の顔を見ると何も言えなくなってしまう。彼に嫌われてはいないか」というご相談で、占いの中で思わずお客様が苦笑いしていたのが、「お客様が彼の顔を見て何も言えなくなってしまうところがあることは、彼はもうわかっていますよ。そのことで彼がお客様にさらに幻滅することはないでしょう」とのことでした。
そのおふたりには、今まで積み重ねてきた時間が確かにあったんだなぁ…と思わずにはいられませんでした。


彼を前にして何も言えない…ということが、時にはあなたを助けてくれることがあります。
だから、思い切って彼に復縁をお願いしてみてはどうでしょうか?


電話占いピュアリ