占いと診断で導く復縁成功への道

仲のいい友達の夫との略奪愛

イメージ

人間の社会には順番待ちと言うものがあります。
これは言い方を変えれば、早い者勝ちと言うことです。
早ければ早いほど選んだ人は優勢であり、後になればなるほど劣勢になります。
そして日本人はとても従順に、その順番に従う傾向が強くあります。
だからこそ、電車などの順番待ちもちゃんと整列して、横入りなどを許さない素晴らしい国民性を築いているのですね。


でもこれは全てに置いて本当に正しいことと言えるのでしょうか?


あなたは友達の夫を見て、どう思いますか?
ただ友達の夫として見ているだけでしょうか?
それとも一人の男性として、異性として見ているのでしょうか?
きっとあなたは友達の夫を異性として意識しているはずです。
そしてそのあなたの心に育っている感情は、とても良いことではないと考えているからこそ、あなたはその感情を否定しようとしているのではないでしょうか?
でもあなたの生まれたその感情、本当にあなたは否定しきれるのでしょうか?
簡単に割り切って、否定することはとても難しいものだと思います。
そしてあなたはその感情を否定することが、正しいと考えています。


でも違うのです。
あなたの心に育ったその感情を否定しなくていいのです。
あなたはその感情のままに動いてもいいのです。
あなたが感情のままに動くと、それは友達の夫との不倫となります。
そしてその夫をあなたが友達から奪うと、略奪愛と言われることでしょう。
でも不倫や略奪愛って言うのは一体誰からの目線でしょうか?
不倫や略奪愛と言うのは、あなたと友達の夫からの言葉ではないのです。
あなたと友達の夫からではなく全く関係の無い第三者からの言葉にすると、不倫や略奪愛なんて言われるだけなのです。


要するにあなたと友達の夫が不倫をしてそこから略奪愛に発展したとしても、あなたと友達の夫が毅然としていれば、そんな雑音を気にする必要な全くと言っていいほどないわけです。
とは言うものの、他人から不倫や略奪愛と言われてしまうことに対して、抵抗が出てしまうのも仕方の無いものです。
それは日本人特有の、他人を監視したがる悪しき性質がそうさせるからです。
出る杭は打たれる。
この言葉のとおり、誰もが同じじゃないと叩くのが日本人です。
足並みを揃えて、右向け右で右を向かないといけないのが日本人です。
でもこの価値観、ナンセンスだと思いませんか?
現時点での日本人の価値観からすれば、不倫、ましてや略奪愛なんてすれば、関係の無い人からのバッシングは多くあることでしょう。
でもこのバッシング、実は裏の意味が篭められているのです。
それは自分たちが出来ない不倫に対しての羨望や妬みなのです。
だからこそ平均的な価値観に誰もが従いつつ、その価値観に捕らわれることを嫌う。
しかしその価値観からはみ出ることでバッシングされることを恐れる。
その葛藤に日本人の誰もがいるのです。
そこに不倫と言うことに対して、平均的な価値観に捕らわれた人々は徹底的にバッシングすることで、自分たちが正しいと思い込みたがっているだけなのです。
不倫をする。不倫が出来ない。略奪愛をする。略奪愛が出来ない。
この差は何か?


それは本気かどうかなのです!


あなたが本気で友達の夫を奪いたいと思ったのでしたら、そのままに行動するべきなのです。
外野の妬みに構わなくていいのです。
しかし、不倫をすることによる展望を少しでも見て置くことで、今後の展開も予想しやすくなるのではないでしょうか?
見えない未来を見る手段、それは占いです。
占いは科学の発達した現代だからこそ、より必要になっているのです。
科学は科学の域を出ません。そして科学では未来を予測出来ません。
日本の政治家も、本気で迷ったときは占いに頼っていることはご存知でしょう。
あなたも本気で不倫からの略奪愛を考えているのでしたら、占いで自分の未来を予測しておくべきなのではないでしょうか?