占いと診断で導く復縁成功への道

別れてはよりを戻してを繰り返すカップル

イメージ

たまにいますよね。「別れたと思ったらまた付き合って、また別れて…」を繰り返すカップル。
そのうち、「絶対にまた別れる」「絶対にまた復縁する」で友達に冗談で賭けの対象にされそうな気がしないでもないですが。


「別れてよりを戻してまた別れてよりを戻す…」を繰り返す恋人同士だけでなく、ご夫婦でも離婚して再婚して…を繰り返す方が数は多くないもののいらっしゃいます。
周囲から見ていると、そういうカップルは単純に「腐れ縁」というのがあるのかもしれませんが、「別れた」「二度と会いたくない」と言いつつも、お互いのことが気になって仕方がない…というのが見え見えなんですよね。
そのため、ちょっとしたきっかけで復縁する、ということがあるのかもしれません。

もうひとつ、別れてよりを戻すことを繰り返すおふたりというのは、おふたりのどちらかが良く言えば個性的、悪く言えば変わっている部分が大きくて、普通の女性・あるいは男性では受け止められない…という場合があったりします。
なので、別れて他の人を探そうとしても、前の彼女・彼氏と同じ対応を要求しても対応しきれないことに気づいて前の彼女・彼氏に戻ってくるし、そんな相手についてこれている彼女・彼氏の方も他の人と付き合っても何となく物足りなくて、刺激的とも言える前の恋人を受け入れ、復縁する…というのがあるのかもしれません。
でも、やっぱり個性的すぎてぶつかって別れてしまう…けれども、それでもお互いを必要としているのでしょうね。


「別れてはよりを戻してを繰り返している」ということを悩んでいるかと思うんですが、


今の時代だったら、付き合って別れてを繰り返すことがそんなに悪いことでもないように思います。


海外だったらそういう事例は結構ありますし、昔の日本だって家の事情で別れさせられたおふたりが、遠回りしたけど復縁して…という話はいくつかあります。
また、別れてよりを戻して…を繰り返す方の中には「何かに縛れない」というタイプの方もいらっしゃるようです。
一番わかりやすいのは家庭だと思うんですが、とにかく何かに縛られたりすると、がっくりポテンシャルを落とす人という方もいらっしゃいます。
そういう方は同じ人とくっついたり別れたりすることで、ご自分のポテンシャルを維持しているのかもしれません。


それを理解し受け入れている人は、とても素敵だと思います。
そんな人の周囲の人も、その人の特性を理解することができたら良いですよね。


電話占いウィル