占いと診断で導く復縁成功への道

皆が幸せになる不倫関係

イメージ

皆が幸せになる不倫関係・・・など無い。と残念ながら言わざるを得ない。


使い切れないほどのお金があり、愛はいいからお金を頂戴。お金さえくれればあとは外で何人愛人を作ろうと知ったことではないわ・・・。なんてセレブ世界なら話は別かもしれないけれど。


多くの不倫関係の場合、不倫をするということ自体、誰かしらが傷つくことになる。それを理解した上で行うのが不倫なのだろう。
自分の幸せは誰かの不幸の上に成り立っているということを理解せねばならない。


皆が幸せになるのは無理かもしれないが、一人でも不幸な人を作り出さないように工夫をするのが大人の不倫のマナー。そのマナーの一部を過去を様々な地位の男性との不倫をスマートに重ねてきた女性(元ホステス)に伺った。


・自立をする
彼と結婚したい。将来を約束してほしい。という気持ちになるのは自然なことなのだが、そこにばかりこだわってしまうと何かあった時に仕事にも影響し、生活が危うくなる。不倫をしつつも現実の仕事や生活から離れてはいけない。不倫や恋愛だけが生活の中心にならぬよう、不倫関係が始まると同時に新しい趣味を見つけたり、習い事を始めて自分の興味をできるだけ分散させる。


・独占欲を律する
彼の全てを自分のものにしたいという欲を律することが大切。あくまでも妻とシェアをしているという気持ちを忘れずに。彼の心の30%が自分のものになれば十分。欲張れば欲張る程、ガツガツした女に成り下がってしまう。余裕のある女が不倫関係を制するのだ


・出会いは別れの始まり
離れていく男性は追わない。それが最も大事なマナー。未来はどうなるかわからないが、相手の環境が突然変わって、急な別れがいつ訪れてもおかしくないという覚悟をすることが不倫をスムーズに進めるのだという。自分の痕跡は家庭に持ち帰らせない。必要以上の連絡は控える。それが自分の危機管理にもなるし、男性を安心させることにもなる。その結果長く不倫関係を続けることができ、結果を得ることにもつながる。


要するに相手に依存しすぎず、のめり込みすぎないように自分を律することが大切なのだろう。



この女性は現在結婚されているのだが、夫は最初お店に来た客であり、既婚者だった。上記のマナーをしっかりと心がけ、不倫関係を続けた後に夫は前妻と離婚し、彼女を選んだ。彼女の「去る者は追わない」という潔い態度が魅力となり男性を引きつけたのだろう。現在も「若い女と不倫をしたいならすればいい。私の方がいい女なんだから、別の女を抱いて、私の良さを再確認するだけだからね。」と笑っていた。


依存しすぎない不倫。それが「皆が幸せになる不倫関係」に最も近いのかもしれない。