占いと診断で導く復縁成功への道

一緒にいた頃は喧嘩ばかりだったのにいざ離れると辛い

イメージ

復縁したい。けれどまた喧嘩ばかりの日々に戻るのは、少しためらいもある。
そんなお気持ちの方は多いのではないでしょうか。
確かに喧嘩ばかりの毎日は精神的に疲れてしまいますよね。
けれど、喧嘩する程、仲が良いという言葉もあります。
復縁したいという気持ちが少しでもあるのでしたら、ためらいの気持ちがあっても、前向きに考えてみてもいいかもしれません。
パートナーと仲良く、毎日笑いながら暮らせたら、それは素晴らしいですよね。
けれど、それがずっと続くという事は、まずありえません。
人生、山あり谷あり。波があって当たり前なのです。
喧嘩しないカップルなんてあり得ません。


また、喧嘩が出来るというのは、お互いに本音を言い合える関係という事です。


仮面を被って付き合わなければいけない学校や会社の人達とは違い、本音を言える数少ない存在になりますよね。
離れてしまえば、当然辛くなるものです。
それだけ密接した濃い人間関係がなくなってしまったのです。
復縁を望むのもまた、とても自然なことと言えるでしょう。
けれど喧嘩ばかりしていたのに、復縁なんて出来るのだろうか?
また、復縁してもうまくやっていけるのだろうか?
そんな復縁に対する心配もあるかとは思います。
けれど一度はご縁のあった人。
あらためてもう一度、2人の関係を見直して、復縁を考えてみるのは悪い事ではありませんよね。


いつも喧嘩ばかりしていた。
けれど今はその状況を、ちょっと外側から見る事のできる位置にいます。
これは離れてみないと出来ない事ですね。
ある意味、すごいチャンスだとも言えます。
復縁には、色々あった問題を乗り越えて、再び一緒になれるという素晴らしいポイントがあるのを忘れないでくださいね。
喧嘩していた原因は何だったのでしょう?
頭で考えるだけではなくて、書き出してみるのもオススメします。
そして、復縁して、その後もうまくやっていく為には、その問題に対してどうしていけばいいのかも考えて書き出してみましょう。
一人が寂しい。喧嘩ばかりしていたけれど、復縁して、また一緒になりたい。
けれど喧嘩の原因をまったく考えずに復縁してしまったら、同じ事を繰り返しかねません。
多少の喧嘩があるのは仕方のない事です。
けれど再び別れるような喧嘩をしないように気をつけなくてはなりませんよね。
喧嘩していた原因。それに対してどうしていくか。そして、それを相手にも伝えて、一緒に考えてもらいましょう。
その時、自分の意見を相手に押し付けるような事をしてはいけません。
ご縁があったとはいえど、自分とは違う人間なのです。
相手の意見もちゃんと聞く耳を持たなければ、復縁は難しいものになってしまいます。


人とお付き合いするというのは、ある程度の我慢を必要とします。


けれど、その我慢のお陰で、沢山の幸せを感じられるのです。
喧嘩して別れてみて、あらためてその部分を知ることが出来ていることでしょう。
一人が好き。一人でいる方が気が楽。
そう思われている方には復縁は勧められませんが、多少の喧嘩があっても、本音を言い合える人がいる方がいいと思われていたら、是非、復縁への道に一歩踏み出してみて下さいね。


また、仲直りのルールを作るのもオススメです。
喧嘩して数日過ぎたら、もういいやと思える事もありますよね。
けれど、なかなかゴメンナサイが言えない。仲直りのタイミングがつかめない。
そんな時の為に、1つのレストランを決めて、そこへ一緒に行ったらゴメンナサイの合図、または、夕食に何かしらの献立が出たら、それがゴメンナサイの合図と決めてみるのもいいですよね。
こんな風に、復縁だからこそ出来る、より良い2人の人間関係の作り方があります。
喧嘩ばかりだったけど復縁したい!と思われていたら、まさに今こそチャンスの時と言えるでしょう。


電話占いウィル