占いと診断で導く復縁成功への道

やめたいのに続けてしまう不倫関係

イメージ

不倫は決して良い事ではない!
このままでは良いハズが無い!
いつかは不倫がバレてしまうのではないか?
皆から批判され、責められ、蔑まれる日が来るかも…
今日で不倫関係を終わらせなければ…
今日こそ別れを切り出そう…


なのになのに、どうしてもまた会ってしまう…


止めようと思っても止められない不倫関係
一体何故止められないのでしょうか?


人間は風邪をひいたら一体どうするでしょう?
薬局で風邪薬を買って来て飲んで大人しく寝てますか?
それでも治らなかったら…きっとあなたは病院に行くのではないですか?
病院に行けばその症状に合わせた処方箋をくれたり
熱があったら注射したり、点滴をしたり…
その人その人の状態に合わせて対応してくれますよね?


これ等は風邪という病気を治す為の基本的な治療法です。
でもウィルスや病原菌を除去するのではなく、
症状を緩和して、過ごしやすくしてくれるのが主たる目的であって
治るには体力の回復などで自然治癒力を高めるしかないのです。
何故なら風邪の本当の原因が特定出来ていないからなのです。


また足に釘が刺さってしまった場合ならどうするでしょう?
その場で釘を抜く事が出来たなら、破傷風にならないよう対処してもらう為に、
出来ないならその状態をキープして釘を抜いてもらう為に、病院に行きますよね?
コレは原因がハッキリしているので、
原因になっている釘を除去するという明確な対処方法、
その後の消毒が必要という事がすぐに判断出来るから迷わず病院に行けるし
原因を除去し、後の対処も出来ているので後は傷口が自然にくっ付くのを待つだけ
時間が全てを解決してくれます。


恋愛問題も同じで事で、不倫関係を止めようとするなら
不倫関係に至った原因がはっきりしている場合はその原因の除去し後は時間を掛けて心の傷が癒えるのを待つだけ
不倫関係になった原因がわからないなら、その状況に合わせた対処療法で対応し
不確実な心の自然治癒力に頼る他ありません。


しかしながら大半の不倫は原因がキチンとあります。


突然ですが結婚する理由って何でしょう?
きっかけは様々、中には世間体とか、一夜のアバンチュールの結果とかの理由の人も
いらっしゃるでしょうが、その多くは恋をするからではないでしょうか?


結婚するきっかけが恋をする、という事なら
不倫をするきっかけは夫は妻に対して、妻は夫に対しての恋心が無くなったからで
その結果、新しい恋を家庭の外に求めるようになるのです。


人は恋をすると恋の相手と一緒にいるだけで、ときめいてドキドキします。
このドキドキ感を特別なモノの感覚として、体が記憶します。


特別な想い出の日や誕生日なんかは、独身時代や新婚の頃は普段では行かないようなおしゃれなレストランとかに行って食事をする事も多いでしょう。
コレも非日常感が高くなるのでドキドキ感を味わえます。
しかし日常の生活は特別ではないのでドキドキ感はありません。
日常生活もドキドキしていたのでは疲れますし(笑)


実は人はこのドキドキ感を特別なモノとして認知し、恋と錯覚してしまうのです。
日常には恋する感覚は無くなり、非日常に対して恋する感覚を感じるようになるのです。


夫婦で行く外食が、いつもファミレスやファーストフード店だったり
服装が普段着やジャージだったり…みたいなことが続くと
それは日常と頭が判断しますので、ドンドン恋心が薄れてきます。


そんな時に誰かに普段行かないような高級レストランや夜景のキレイなバーに誘われたら
確実に非日常になるのでドキドキしますよね。
ソレを恋と勘違いして不倫にはまってしまうケースがとても多いのです。
不倫に走る家庭では必ずと言って良いほどデートには普段着で行ってますし
ファミレスやフードコートで食事をするケースが多いのです。


特別な日はオシャレをして外出し、特別なお店で食事をする
または自宅であっても、普段は使わない高級な食器とか希少価値の高いワインとか
非日常感を大切にする、そんな生活を心掛けている夫婦は、
いつまでもお互いに対して恋しているので決して不倫にはならないのです。


不倫している家庭の原因は非日常感の欠如です。


お互いの努力不足が不倫を招いているのです。
生活のちょっとした工夫と努力で不倫の原因を取り去る事が出来るのです。


でも中には原因が全く特定できない不倫もあります。
そんな時は理由がわからない以上、解決方法はありませんので
無理して不倫関係を止めるよりも、なるべく会わないようにする
ソレが無理なら不倫関係がバレない工夫を考えたほうが建設的かも知れません


だって原因がはっきりしない以上、誰も悪くないのですから…