占いと診断で導く復縁成功への道

不倫をしてしまうのは自然なこと

イメージ

人が人を好きになる。ただ単にそれだけの話である。


結婚していようが、独身であろうがそんなことは後付けの書類上の契約の話。
不倫を非難する人だって出会った人に心を奪われる事くらいあるはずだ。ただそれを感じないようにしたり、自分がそんな事を感じる筈はないと恋心を閉じ込めたり、打ち消したりしているだけである。


自分の心が動かないように縛っておくことなど不可能だ。


どんな不倫でも、不倫関係というもの自体に興味を抱いて相手を探す人は稀である。多くの人が誰もが感じたことのあるトキメキを抱いて、その心のままに素直に行動することで、結果それが不倫に発展しただけなのだ。
その純粋な恋心の中に時を重ねることで生じる背徳感や罪悪感が混ざりこむことで不倫関係が苦しいものになる・・・というケースが多いのだろう。


不倫に悩む人は多い。
しかし、不倫をしている人で不倫に慣れている人というのは意外にも少ないのだ。
私が話を聞いた多くの不倫に悩む人が「まさか自分が不倫をすることになるなんて・・・・。」と真剣な表情で打ち明ける。そしてほとんどの人がそんな自分を責めている。
自分は堂々と振る舞うことなど許されない存在だ。世間に反している。常識から外れている。いつか罰が当たるのだ・・・・と。
実際に信頼の置ける知人や友人に自分の苦しい心の内を話したのだが、結局非難され誰にも相談できなくなるケースが多い。(意を決して相談したにも関わらず、その知人の通告で不倫の事実が明るみになり離婚に発展するケースもあった。)
苦しい心にあるにも関わらず、「不倫を止めることが出来ない自分」をずっと責め続けながら生きている人が少なくない。
不倫の是非や正誤はともかくとして、この自分を責めながら生きて行くということについては同情せざるを得ない。


不倫関係がどのような方向に進むにせよ、最初は純粋に相手にひかれる心が引き金になったこと。その心を責めることなど誰にも出来ないのだ。現在不倫関係を楽しんでいる人も、不倫に悩んでいる人も思い出して欲しい。そしてパートナーの不倫に悩まされている人もどうかわかって欲しい。


相手を傷つけようとか、裏切ろうとして始まる不倫関係はほとんどない。相手を大切に思う純粋な気持ちから不倫関係は始まっている。




だからと言って自信を持って堂々と不倫をしよう!!!なんて無責任なことを言うつもりはないが、少なくとも不倫をする自分を責めすぎる必要はない。
人を好きになる、愛する心が自分にはあるのだということについてはどうか自分を評価してあげてほしい。