占いと診断で導く復縁成功への道

罪悪感がない不倫

イメージ

結婚しようと決めた頃って、全てが明るく見えて、幸せな人生を歩めるってみんな思いますよね。愛する人と一緒になり、家庭を築き、共に歩んでいく。


「この人となら」と、そう決めて結婚する。


ところが。


いざ結婚してみたら、理想と現実のギャップに旦那サマに対する愛情も冷めていくのが一般的。



結婚前は大事にしてくれたのに、結婚した途端、まるで家政婦扱い。
これじゃあ、何のために結婚したのかわからないですよね。誰だって自分を大切にしてくれる人と一緒にいたい。
もし、今あなたの前にそんな男性が現れたらどうしますか?
実際、旦那サマのほかに心ときめく男性がいるっていう女性は多いんです。
最初は、ほんの憧れ程度。そこから、仲良くなって不倫にまで発展したとしてもこれは仕方のないこと。


だって、事の発端は旦那サマにあるのですから。女性はいつでも女としてみてもらいたい生き物。家政婦やお手伝いさん扱いされて、愛情を注げますか?
不倫は良くないなんて簡単にいうけど、じゃあ私の不満はどこにぶつければいい?
ってことになりますよね。
不倫したくてするんじゃないのですから。誰かに愛されたいから。女性としてみてほしいから。大切にしてもらいたいから。


それが結果として不倫になってしまったとしても、旦那サマにも責任はあります。
もし、旦那サマに知られてしまったとしても、負い目を感じることはしないほうがいいです。


負い目を感じるということは、あなたが悪いと認めたことになる。
不倫がいけないという認識があるから、そんな不利になるような立場になりがちですが、
冷静に考えれば旦那サマの態度が悪いから、ですよね。


不倫させた旦那が悪い
このくらいの気持ちを持ちましょう。
不倫できないくらい、魅力的な男性になれって言ってみてもいいのかも。
不倫してると咎められる前に、愛情はあるのかと問いただしてみては?


愛情を感じてさえいれば、不倫に走ろうなんて考えないものです。
だって、不倫するとなったら、会う時間を作らなきゃいけないし、旦那サマにバレないようにしなきゃいけないし、家事もこなしながら、余計な神経を使わなきゃならないんですから。


そこまでしても不倫に走ってしまうのは、それ以上の不満があるってこと。


不満の解消法が不倫につながる、ただそれだけの話。
家政婦扱いの旦那サマと女性として接してくれる彼。
どちらがよい?と聞かれて、家政婦でいいと思う人は観音様並みの心の持ち主。
女性なら、愛されたいですよね。
それがたまたま不倫だっただけで、ただ愛されたい、それだけ。


それを旦那サマがしてくれないから、不倫になるだけ。
不倫してると後ろめたさを感じている人は、この際、彼にいっぱい愛されて女性としての魅力を磨きませんか?
旦那サマにも、最近キレイになったなって言わせてしまいましょう。
不倫の効果は自分磨きにもつながるので、エステ効果も期待できちゃう。
そう考えれば、気持ちも楽になれるでしょう?
不倫しちゃったなあと思ったら、この際、どんどん魅力的な女性に変身しちゃいましょう。